雑記帳

わたしのさくぶんおきば

掌篇 ♯7 『車輪の城と典籍の姫』

 浮遊島から落ちた水が、巨大な柱となって湖面のいたるところに突き立っている。厖大な量の天水と湖水とが、物音ひとつ、飛沫ひとつたてず静かに混じりあうさまは、異様とも偉容ともつかない。

 

 わたしは水辺に<図書館>を停めると、久方ぶりの大地を堪能した。

 土を蹴り、思うさまにじる。小気味よい音が耳をくすぐり、覚えず笑みがこぼれた。かれこれ二十日間はこもっていたのだ。無理からぬことだろう。

 

 万巻の書をかこう日々は果たして素晴らしいもので、わたしは底の無い沼に頭からつっこむようにそれに耽溺した。猫につられて窓の外に目を向けなかったら、今この瞬間も、ぶ厚い紙束にかじりついていたにちがいない。

 

 間違いなく大枚をはたいて手に入れた<図書館>のおかげだった。自動走行機能を有しているから、眠っていたって目的地に着く。操縦の必要がないのである。現代魔術の粋が、偏執とものぐさの混合物たるわたしの為だけに尽くされたわけだ。対価こそ支払ったものの、若干の呵責を感じなくもない。乙女心とは複雑なものである。

 

 雄大なる大自然に親しむうち、ふと甕の窮状を思い出したわたしは、屋内から桶をひっぱりだし、水際へとむかった。ややあってたどり着いたなり、はっと息をのむ。

 

 水面下には人工物らしき円柱や角柱が乱立していた。そのいずれもが湖と空とを結ぶ水塔に匹敵するほどに長大で、ちがった点があるとすれば、それがおそらくは切れ目のない一つの岩から削りだされたであろうことと、全面に奇妙な文様がほどこされていることであった。

 

 水の透明度が高いせいで、柱の上部ははっきりと窺える。しかし降るほどに不鮮明となって、やがて深淵に呑まれた。おかげで全体像が掴めない。得体がしれなかった。これらはいったいいつ、何の為につくられたものなのだろう。

 

 まったく、この世界の韜晦趣味には辟易するばかりだ。

 すでに知られた事象であれば、大抵は手持ちの蔵書のいずれかに記述がある。時間をかけることで見つけ出せるだろう。しかし、目の前のこれが例外であった場合、話は変わってくる。わたしは自身の胸のうちで嫌気と好奇心が絡み合ってうずくのを感じた。

 

 嘆息。須臾の低回を経て、自分の心が元あったところへ帰ってきたのに気がついた。そう、さしあたって必要なのは渇きを癒す水なのである。

 わたしはしゃがみ込むと、桶に掬ってにおいをかぎ、指にかけて舌へとのせた。

 長く旅をしていれば、しばしば毒性を持つ食物にぶちあたることがある。苦い経験はわたしに慎重さをもたらした。

 食べるにせよ飲むにせよ、はじめはとにかく少量にするのがよい。

 場合によっては小指の爪の先程度のかけらでも命にかかわるから、学者によって安全の確認されたものでないかぎり極力口にしないのが賢明だろう。

 ただし、河川や湖沼の水についてはわからないことの方が多い。人の住まない地域だと結局は自分の身体で確かめることになる。

 

 数分を経たが、何の症状も現れなかった。もちろんまだ安心はできないが、背に腹は代えられない。わたしはままよと喉を潤し、次いで桶を満たした。

 

 湖と<図書館>を幾度となく往復した後、わたしは住処に腰を落ち着け、さっき見たものについて調べることにした。

 とはいえ目的の書物がどこに眠っているのか、あるいはそもそも眠っていないのか、皆目見当がつかない。常から読む方にばかり注力しているせいで、目録の製作が進んでいないのだ。

 次の街では司書を雇おう。到着までに待遇を考えておかなければ。

 

 立ち並ぶ書架と対峙すると、擦り切れて書名の判読すらままならない背表紙が目に留まった。手に取って確かめる。中の紙もだいぶ傷んでいた。
 補修が必要だ。あるいは司書のついでに写字生も雇って、写本をつくってしまうか。紙も道具も揃っているから不都合はないだろう。

 

 と、そこまで考えて自嘲する。不都合ならあった。わたし自身に。

 なにせ数か月ぶりに人の海に漕ぎだそうというのである。伸び放題でぼさぼさの髪は目を引くし、着古した服だってとても見られたものではない。お作りにいたっては、一度手引書を読みとばしたきりでうろおぼえときている。紅をさすだけで苦心惨憺する体たらくなのだ。口下手なのも相まって胡散くさい事この上ない。これでは来る人も来なくなる。どうにかしなければ。

 

 窓際の猫が陽光を毛布に大あくびをした。おまえの名前もいずれつけなきゃね。

 わたしは<図書館>に出発を命じ、別れを告げんと硝子のむこうの水の樹海に目を向けた。

 

 世界の秘密のひとかけら、それを内包するかのような不可思議な景色。

 もしもまだ、誰にも解き明かされていない謎があるのならば、わたしはきっと、ここに戻ってくるだろう。

 この世のすべてを知ることなんて出来はしない。けれどもそれは、知らないことを知らずに済ませる理由にだってならないのだ。

 

 地を駆る車輪の、心地よい律動が部屋を満たしていた。わたしは手元の本を開くと、ふたたびことばの奔流へと還っていった。

掌篇 ♯6 『ふたりは魔導人形』

彼女は先から考えている。人工生命体としての自己の本分とはなんだろうか、と。

私をつくった者は、私に戦うことを望んだ。人の脅威の殲滅をのみ目的として生み出されたのだから当然のことだ。しかし、それですべてを片付けてしまうには、私の心はあまりにも複雑に構築されている。私は思考する。いや、してしまっている。

彼女は自席を立つ。部屋を出ると、同じ境遇におかれたもう一人のもとへと向かった。

 

ディンギル

背後から名を呼ばれて、少女は振り返った。部屋の入り口のそばに、錆色の髪の娘が立っている。

グラナダ……?    どうしたの」

グラナダはしつらえられた椅子に腰掛けると、ひととき物憂げな表情を浮かべたのち、対面に座る、水でうすく引きのばしたような灰の色をした髪の少女にむかって口を開いた。

 

「いま、なにを考えていた?」

ディンギルが目をしばたたかせる。

まるで人間のような仕草だな、とグラナダは思った。

ディンギルはわずかに首をかしげ目を伏せていたが、すぐにグラナダに向きなおり、言った。

 

「質問の意図がわからない。でも答えることはできる。わたしはいま、グラナダのおっぱいのことを考えていた」

「私のおっぱいのことを」

グラナダは自分の胸を見下ろした。大きく張り出しているせいで、腿にのせた手が見えない。

 

「自分では、これを邪魔だと思っている」

「邪魔。そうかもしれない」

ディンギルがうなずく。

「でも、見て」

ディンギルは自らの胸元に手をあててみせた。そこにはわずかの膨らみもなかった。

「無よりは良い」

「無よりは良い」

思わず復唱したが、なにがどう無よりも良いのか、グラナダには理解できなかった。

 

「うむ。それはそれとして」

グラナダは本題に入ることにした。

ディンギル、おまえは己の本分というものについてどう考えている」

「本分?」

ディンギルがふたたび首をかしげる

「本分だ。果たすべき役割とか、つとめとか、そういったものだ」

「役割。つとめ……義務?」

「義務も含まれるだろうな」

「ん……」

ディンギルは首をめぐらせ顔を窓の外にむけるとしばらくその姿勢を保ち、やがて思い出したように振り向いて言った。

 

「挟まれること」

「挟まれること?    何にだ?」

ディンギルグラナダの胸元を指差した。

グラナダのおっぱいに」

「私のおっぱいに」

ディンギルは力強く頷くと、座った姿勢のまま舞い上がり、勢いグラナダへと踊りかかった。

 

その夜、自室へと戻ったグラナダは、疲れを知らぬはずのからだを寝台へと横たえ、泥のように眠った。

彼女の思索の日々は続く。

とりとめ2

ことばの奔流を待って、わたしは身がまえる。
前からか、後ろからか、上からか、下からか、そのどちらでもない方向からか、やってくるのを待っている。

 

どのみち、あらがいようのないものなのだから、ぼうっと突っ立っていたってかまわないのだけれど、どうせならすべてわかったうえで、きもちよくのみこまれたいじゃないか。そんな風におもって、ずっとみがまえている。

 

 

木にこころが在るとしたら、それはどのようなものであろうか。

なにかわたしたちではわからないことばで、わからないことをみしみしと考えているのだろうか。

遺伝子にきざまれた、なにがしかのきまりを持ったことばを、きけるものならば、いつかきいてみたい。

 

あるいは。

うまれかわりを信じるならば、もとは人だったものが木となって、むかしつかっていたことばをろうすることだってあるのかもしれない。

そうだとしたら、人が人から木となるのだとしたら、かれは、かのじょは、己の一生をどうおもうのだろうか。

 

 

三世の海をかけぬけて、ぼくは最果ての地へとやってきた。崖の先には見渡す限りの空。ほかにあるのは、ぼくと、ぼくが立つ地面と、すこしの草木と、ぼくの友だちであるちいさな船だけ。船は船だからもちろんぼくみたいには口をきけないのだけれど、でも心はちゃんとあって、ものもきちんと考えている。だから、自分のからだのどこかが悪いときは、軋むような音を出してぼくに教えてくれるし、危険な航路は嫌がって通ろうとしない。この船はじいちゃんがぼくにくれたものだ。じいちゃんはぼくにいろんなことを教えてくれた。旅のしかたも、船とのつきあいかたも、死の遠ざけかたも。ぼくはいま、この景色を目にしながら、じいちゃんにありがとうを言う。すてきな船をありがとう。この旅をあきらめさせないでくれてありがとう。ぼくのいのちに価値を与えてくれてありがとう。ぼくはここまで来たよ。ぼくは、ここまで来たんだよ。

ブクログのiPhoneアプリ

仕様が大きく変わった。

これまでのものはせっかくのサービスをうまく提供できておらず、不便なことこの上なかったのだが、今回のアップデートでようやくまともに使える水準に達したと感じる。

 

個人的にはタイムラインの実装が喜ばしい。フォロー中の方が本を登録したり感想を書いたりすると、twitterよろしくホームに表示されるのだ。以前はいちいち本棚まで覗きに行かなくてはならなかったから、とてもたすかる。

 

ただし、問題がないわけではない。わたしはおもしろそうな本を見つけるとすぐに手に入れたくなる性質だ。ブクログのせいで散財に拍車がかかり、近い将来飢えて死んでも不思議はない。いったいどういうつもりなのだろう。許せない。でも好き。

キングダム・アイドル

 異世界を舞台にアイドルものをやるとなったら、そりゃあもちろん各国を代表する騎士であったり魔術師であったり神官であったり王族であったり冒険者であったり傭兵であったりが徒党を組んで競い合うことになりますとも、ええ。

 

    主人公は村娘がよいかしらん。純朴な少女が憧れの存在を追いかけ仲間たちと疾走する青春物語ですね。

 

    ヒロインは偶然出会った行き倒れのアイドルに夢を託され、幼馴染の海女驕りたかぶった地主の娘、引きこもりの妹、どこからかわいてきたマスコットを自称する新種の生命体を引き連れ世界規模で開催されるなんとかいう大会に参加することとなるのですが、その企画者がまさかの神。

 

    優勝グループはどんな願いも一つだけかなえてもらえると聞き、主人公たちはエキサイトします。しかしそこはファンタジー、敗者にはもれなく滅びが贈呈されます。それも本人たちにのみ与えられるのではありません。母国が爆散します。

 

   この手の物語の結末として望ましいのはやはり勝ち取った願いを消えてしまった人たちの復活に使ってしまうというもので、わたしとしてもそちらを選びたいわけですよ。みんな生き返って大団円。取ってつけた感があればあるほど良いですね。ああ、そういえば舞-HiMEってアニメが昔……いいか、それは。