雑記帳

わたしのさくぶんおきば

掌篇 ♯5 『白話乙女』

 お話の中に登場する生き物を、一時的にこちらの世界に呼び寄せる。

 自分に特別なちからが宿っていることに気が付いたのは、数年前のことでした。

 一般に魔法というものは、わたしたちの暮らすこの世界に対して、魔導語、あるいは古代魔導語を用いてはたらきかけ制御する技術のことを指すのですが、稀にそういった体系立てられたものとは別種の、特異な能力を発現する者が誕生するのです。

 わたしにあらわれたのも、きっとそのひとつなのでしょう。

 

 当時のわたしは、一介の旅人でした。たくさんの本とわずかな必需品を背負い、歩いて旅をしていたのです。

 

 ある晴れた日のことでした。わたしは立ち寄った街で、泣きはらした目で失くした宝物を探す女の子と出会いました。

 なんとかして彼女を助けたい。

 そう思ったわたしは、女の子と一緒にそこかしこをくまなく調べ、道ゆく人々にあたり、彼女の探し物を見つけようとしました。しかし、あったのは穴の開いた靴だけでした。それはわたしにも女の子にも大きすぎました。

 

 困ったわたしは、先だって読んでいた探しもの上手な猫が登場する本を背嚢から引っぱり出し、なにか参考になる記述がないかと頁を繰りはじめました。

 そうしていくらか経った頃です。わたしは突然、意識が遠のくような不思議な感覚に襲われました。わたしは、這うようにして近くの長椅子にたどり着くと、なんとか座り込んで目をかたく閉じました。しばらくじっとしていると、少しずつですが復調してきました。

 

 ようやく気分が落ち着き、ほっと息をついた時のことでした。かわいらしい鳴き声がしたのは。

 驚いて目を開けると、足元に本の挿絵そっくりの猫がいました。

 わたしは自分でも驚くほど大きな声を出しました。びっくりしたのでしょう、女の子がすこし跳びましたが、わたしはその件については触れずにおきました。

 

 女の子は興奮していました。

 すごい、どうやったの。掴みかからんばかりの勢いで質問してきました。

 対するわたしは極めて冷静でした。なにせ取り乱したことなど人生で一度もありません。わたしは……え、なんですか?

 さっき大きな声を出したと。

 はい、たしかにそう言いました。

 取り乱したことは無いと。

 はい、たしかにそう言いました。

 矛盾?

 なにを言っているのですかあなたは。

 え、ではありません。わからないのですか?

 わからないのですね?

 わかりました、説明します。

 実はわたしに大声を出させたのはわたしの潜在意識なのです。わたしの潜在意識は潜在しているのでわたしの顕在意識にはそれがどのようなものか窺い知ることができません。つまりわたしの潜在意識はわたしの制御下に無いわたしであり、そんなものをわたしはわたしだとは断じて認めるわけにはいかないのです。あれはわたしであってわたしではない。わたしではないわたしなのです。わかりますか。つまりわたしではないわたしがわたしの身体を使ってわたしの……あ、もういいですか。そうですか。わかりました。

 あなたのせいで話が逸れましたね。お話の途中で本筋を離れるのは好きですが、大抵戻ってこられなくなるので気を付けてください。

 はい、そうです。わたしではなく、あなたが気を付けるのです。わたしにはどうすることもできません。

 わたしは女の子に、わたしに訊かれても、と返答しました。

 納得がいかなかったのか、女の子が頬を膨らせ、むう、と唸ったので、わたしは指ではさんで溜まった空気を吐き出させました。

 わたしが何をしたのか、それはわたしたちのどちらにもわかりませんでしたが、わたしが瞑目している間に何が起きたのかはわかるはず。

 そう思って女の子に問うてみると、空間に光が現れ次第に強くなり、それが消えたら猫が地面にちょこんと座っていた、といった意味合いの回答を、実に子供らしい言語感覚でもって提示してくれました。

 わたしは女の子が話す間、幾度かいいかげんな相槌をうち、最後に、光から猫がわいたんですね、と言いました。

 猫、いえ、リディエは……彼女は作中ではリディエと呼ばれています。

 これは彼女のいくつもあるお気に入りの名前のひとつで、呼ばれるとついつい返事をしてしまうんです。かわいい。

 それで……ええ、なんでしたっけ。そうそう、リディエはわたしの膝に跳び乗ると、ひと鳴きして喉を鳴らしはじめました。かわいい。

 わたしはためしに彼女の名を呼んでみました。

 にゃあ。

 鳴きました。

 もう一度呼んでみました。

 にゃあ。

 鳴きました。

 もう一度呼んでみました。

 にゃあ。

 鳴きました。

 もう一度、と口を開いたところでリディエと目が合いました。

 いいかげんにしろ、彼女の目はそう語っていました。

 わたしは口を閉じました。

 そして確信したのです。

 この猫は探偵猫リディエで、間違いなくわたしたちの暮らすこの世界にいま存在しているのだと。

 とはいえ夢である可能性も否定できません。

 わたしは女の子に、ちょっと頬をつねってみてください、と頼みました。それが覚醒の常套手段であると、以前読んだ本に書いてあったのです。

 しかし、なにを勘違いしたのでしょう。あろうことか女の子は自分の頬でなくわたしの頬をつねってきたのです。

 そんなの痛いにきまっているじゃないですか。

 驚き傷ついたわたしは、蛮族ですかあなた、と女の子をなじりました。

 彼女が楽しそうに笑ったので、つられてうっかり笑ってしまいましたが、あの時の気持ちはいまでもはっきりと憶えています。忘れられるわけがありません。

 経緯はともかく、夢でないらしいことを理解したわたしは膝の上で丸くなっているリディエを見やり、ちいさな頭を撫でました。

 リディエは人の言葉を理解します。発話こそできませんが、こちらの話を聞いて、わたしたちの言葉で思案を巡らせることができます。

 そして人びとが失くしてしまった大切なもののありかを突き止め、彼らのかわりに見つけ出し、報酬としてあたたかい寝床とおいしいごはんにありつくのです。

 わたしは彼女にお願いしました。女の子の宝物を見つける為にちからを貸してもらえませんか、と。

 彼女はにゃあと鳴きました。

 わたしはそれを承諾の意と受け取り、意気揚々と歩きはじめました。

 いえ、おかしいとは思ったんです。自分の足音しかしませんでしたから。

 振り返ると近くに誰もいませんでした。女の子と猫がはるか後方に見えます。わたしは踵を返し、一人と一匹のもとへと戻ってゆきました。

 わたしは血がのぼってほてる顔を、暑いですねえ、と両手であおいで冷ましました。冬でしたが。わたしの繊細さを象徴する出来事だと思います。

 あの、今回はここまでで構いませんか? なんでもないおしゃべりなら数日でも休みなく続けられるのですが、その、緊張してしまいまして。 

え、そうは見えないって、なにを言っているのですかあなたは。もう勘弁なりません。ちょっとこちらへ来て……わかればよいのです。

 では、次回も。

 はい、同じ時間に。

 はい。

 はい。

 ええ、おつかれさまでした。

Fire

 ハービー姐さんのミニアルバムが発売されたので聴いている。

 表題曲「Fire」が2BRO.動画のエンディングで流れるのだけれど、繰り返し再生しているうちにこれ無しでは視聴を終えられない身体になってしまった。

 同アルバム内だと「apologize」「窓」も好き。


Heartbeat(ハービー)- ミニアルバム「Fire」trailer

 

Fire - EP

Fire - EP

  • Heartbeat
  • R&B/ソウル
  • ¥750

 

 話は変わって。

 いま『イーロン・マスク 未来を創る男』を読んでいる。やはりある種の偏執的性質は大きなことを成し遂げるうえで武器となり得るようだ。

 わたしの身近にいるほとんどの人間は、限界に挑むことすらしないままに可能性を放棄し、小人物ぶって人生を悲観するようなクソゴミ野郎貧弱なボウヤである。だからおもしろみに欠けるのだけれど、本人がそういう自分に納得していればなにも問題はないわけで。面倒なのは、自分で自分を認めていないくせに何かを変えるための行動も努力もしない奴。特技は愚痴話。趣味は絶望。好きなお菓子はスニッカーズ(適当)

掌篇 ♯4 『死にぞこないのバラッド』

うつろう時のなかを、どれほどのあいだ揺蕩っていたのだろう。

ながい眠りから覚め、ふたたび萌芽した自我は、斑消えとなった記憶の沼を這いずるようにたどりながら、自問した。

 

神はなぜ、私を殺さなかったのか、と。

 

 

これは、呪いだ。

少女はこみあげる嘔吐の気配にあらがいながら、ふるえる手を強く握りしめた。きれぎれの呼吸が厭わしい。全身が燃えるように熱かった。

 

神は、こいつは私に呪いをかけた。私から死を奪ったんだ。私はもう死ねない。老いることもかなわない。人が、生けとしいけるものが、私と、私を見下ろすこの存在をのぞいたあらゆるすべてが、まるで時間のように溶けて流れ去ってゆく様を、私はただ座視し続けることしかできないんだ。

 

焦点が定まらないまま、少女は眼前を睨めつける。視界は微細な光の粒子に満ち、なにもかもが輪郭をうしなっていた。

 

くそ。くそったれ。

 

少女は毒づきながら、衰弱した肢体を石だたみに横たえた。もはや四肢を支える力すら残っていなかった。

世界が外縁から闇に包まれてゆく。思考が焼き切れる寸前、嘲るような声をきいた気がした。それはあるいは、憐れむ声であったのかもしれなかった。

 

 

己れの名が何であったか、自我は思い出すことができなかった。己れが元はどのようなものであったかも、判然としなかった。想起されたのは、神に叛逆し、敗れ去った事実のみだった。

 

そうだ、私は敗北した。この世の理にいどみ、なすすべなく屈したのだ。倨傲の代償は、死の剥奪。死にぞこなったあげく、死ねなくなったなんて。

 

自我は、指先でさぐるように、きいたはずの言葉を、刻まれたはずの言葉を、己れの内に求めた。

神は最後になんと言ったのだったか。脳裏で、ちりちりと奇妙な音がする。得体のしれない不可視の群れが、心の奥底でさんざめいた。と、不意に言葉があらわれた。

 

ワルプルギス。

 

そうだ。神は最後に呼んだのだ。私の名を。

 

神は、あの子は、たしかに私を呪った。だがそれは憎しみからそうしたのではない。他に方法がなかったのだ。私の力はすでにあの子を凌駕するほどになっていた。決定的な差異があるとすれば、私が人で、あの子が神であったこと。あの子は私には無い特別な力で私を無力化した。殺さないために。

 

あの子は私に憎まれているとわかっていながら、私を憎まなかったのだ。

あの子はわたしを、かつてわたしがあの子を愛したように、まだ、愛していてくれたのだ。

 

だったらーー。

 

もう一度会いにゆかなくては。

そして、死を超えた者同士、果てることなく干戈をまじえよう。

あなたが私を愛するかぎり、私はそれにこたえ続けるよ。ねえ、レウカ。

掌篇 ♯3 『わたしのなかのわたしとわたし』

間主観性はわたし一人だけが在ったところで成立し得ません。だからわたしはわたしの中にもう一人のわたしを生み出すことにしました。わたしの中にいるものですから、他者からはわたしと同一視されてしまう可能性がありますが、わたし自身がわたしともう一人のわたしを混同することはないので、些事と判断しました。紹介が遅れましたね。彼女がわたしの中のもう一人のわたし、わたし二号です。わたし二号はこの名を好いてはいないようですが、変えるつもりはありません。わたし二号に関するあらゆる権限の保有者はあくまでもわたしであって、わたし二号ではないのです。わたし二号はわたしをわたし以外の人格の視座から観察するための補助的な存在にすぎません。わたし二号の意思がわたしの言動を左右することはない。わたしはわたし二号に言い渡しました。「あなたは二号なの。二号なのよ」わたし二号に肉体があったならば、神妙な面持ちで頷いたことでしょう。わたしとわたし二号は概ねうまくやってきました。対立が無かったと言えば嘘になりますが、その程度でゆらぐ関係ではありません。わたしがわたし二号を信頼するように、わたし二号もわたしを信頼しているのです。わたしはわたし二号によるわたし観察の結果をもとに、わたし自身を見つめ直すことにしました。わたし二号の目は確かで、わたしの欠点をもれなく洗い出してくれました。おかげで夢の実現を阻害する類いの悪癖はすべて断つことができました。ちなみにわたし二号はわたしの夢を知りません。話していませんから。きっと、話せばわたしを殺そうとしたでしょう。わたしの矯正を終えたわたしは、わたし二号の処分を決定しました。抵抗が予測されるので、その瞬間まで知らせません。やがて訪れる最期の時を、わたし二号がどのようにうけいれるのか。今はそれだけをたのしみに生きています。

掌篇 ♯2 『転生勇者選考委員会』

「また……駄目だったか……」

 俺が異世界から連れてきた勇者たちは、そのことごとくが冒険のさなかに命を落としてしまった。中には魔王の居城までたどり着いた猛者もいたが、善戦むなしく爆発四散。木っ端微塵に吹き飛んだ。

 転生勇者選考委員会の一員となってはや五年、いまだ救世主は輩出できていない。

 

 俺自身、かつては転生者だった。地球という星の、日本という国で生まれた俺は、不慮の事故によって命を落とした後、謎の存在に導かれるまま滅亡の危機に瀕した地へと降り立って、第二の人生を歩み始めた。試練につぐ試練。辛く苦しい日々。道中、何度死を覚悟したかわからない。しかし、それでも頼れる仲間たちとともに最後まで戦い抜き、諸悪の根源たる魔王を討ち滅ぼすことに成功した。

 

 転生者としての役割を果たした俺は、謎の存在と交わした約束どおり、次世代の勇者を選出する者たちの輪に加わった。つまり、人々がいうところの神へと生まれ変わったのだ。

 

 神といっても、際限なく魔法を行使できるようになったことと、不老不死になったこと、さらに既存の世界を自在に行き来することができるようになったことを除けば、人間だった頃と変わりはない。腹もすけば眠くもなる。不便なところはそのままだ。だからやっぱり上手くいかないことは上手くいかないし、悩みだって尽きない。全知全能とはほど遠い場所に、俺はいる。

 けれど、もう一度人間に生まれ変わろうとも思わない。住めば都なんて言葉もある通り、俺はなんだかんだこの生活を気に入っているのだろう。

 

 とはいえ、だ。現状を打破しなければ、いずれ立場が危うくなる。委員会は会員制で、定員も決まっているからだ。その存在を知り、参加を熱望している転生者はたくさんいるのである。うかうかしていると人間に逆戻りということになりかねない。

 仕方あるまい。俺は俺をこの道に引き込んだ張本人、謎の存在に会いにいくことにした。

 

「つまんない」

 謎の存在は、開口一番こう言った。

「きみ、いつからそんなつまんない奴になっちゃったの? 人間だったころはあんなに尖ってたのに」

 ぐうの音も出なかった。

 俺自身、謎の存在に向かって窮状をつげつつ違和を感じていたからである。あの頃は、勇者として命がけの冒険をしていたころは、保身にはしって立ちまわるなどというせせこましい考えは一度たりともあらわれてこなかった。世界に平和を、人々に安寧を、そのために全力で駆け抜けた。なのにどうだ、天上の民となり、その地位に甘んじるうちに、失脚を懼れるようになっていたとは。俺はいったいなにをやっていたんだ。

「戻してください」

「うん?」

「俺を人間に戻してください」

 謎の存在は、少女は、しばらく俺の顔をながめたあと、息を吐くように笑って言った。

「きみの旅が、すばらしいものになるよう祈っているよ。いつかのようにね」

 

 かくして俺は、ふたたび地上の人となった。謎の存在とは別の、あらたな導き手にいざなわれて。

「よろしくお願いします。勇者さま」

 きけばその娘は俺の抜けた席におさまった新人らしい。彼女も元は転生者で、日本の、しかも東京の出身ということもあって、すぐに打ち解けることができた。同郷のよしみというわけではないが、神様の先輩としてできる限りの補助はしたい。 

「わからないことがあったら、なんでも訊いてくれ。俺はこう見えて、それなりに経験を積んでいるからな」

「いえ、けっこうです」

「あれ!?」

「だって、あなた有名ですよ。勇者殺しの名手って。お姉ちゃんなんか『花火師』って呼んで笑ってましたし。ほら、送り出した勇者が魔王にやられて綺麗にはじけ飛んじゃったでしょ」

「ひどいよ!? って、お姉ちゃん?」

「はい。ここに来る前にも会ったでしょう? あなたを神様にした人ですよ」

「ぐっ……あのガキッ……」

 娘がくすくすと笑う。

「あなたはお姉ちゃんのお気に入りなんです。今回、こうしてわたしが同行することになったのが、その証拠ですよ」

「うーむ」

 そう言われると悪い気はしないが……はじめから仲間がいるというのもなんだか狡いような。しかも元神と現神のパーティ。これがチートってやつか。特別な力こそ失ったものの、俺には前世と前々世と前々々世の記憶と経験が残っているわけだし。

「とにかく出発しましょう。世界の数だけ魔王はいるんです。はやくしないと滅びちゃいますよ、ここ」

「お、おお……そうだな。じゃあ手始めに一番ちかい街に行こうか。俺は今は人間だ。まともな装備が無いと簡単に死んでしまう」

「あはは、期待してます」

「期待すんなよ! あははじゃないよ怖いよおまえ!」

 娘はぺろりと舌を出すと背を向けて歩きはじめた。やれやれ、どうなることやら。先行する女神を前に軽くため息をついた俺は、雲ひとつない真っ青な空を仰いだ。

 かくして一人と一神の旅がはじまった。

 

 

おまけ

 

「なあ、姉妹なんだよなおまえらって」

「そうですよ」

「つまり二人とも元は日本人」

「はい」

「名前は?」

「……」

「名前だよ、名前。そういえばあのガ……きみのお姉さんの名前も知らないんだよね。おかしいよね、これって。きみたち、こっちではなんて名乗ってるの? どうせ本名じゃないんだろう? なにしろ異世界だものね?    ん? どうなんだね?」

「……すでに半笑いの人に教えたくありません」

「いやいやいや! 知らないと困っちゃうじゃないですかこれから! なにせ一緒に旅をしようってんですもの! ねえ! 恥ずかしがらなくても大丈夫ですよ!? 中二病全開のすばらしいネーミングセンスを、さあほら! さらけだしてどうぞ!」

「な!? か、勝手に中二病とか! 全然そんなんじゃないもん! おおおお、お姉ちゃーん!!」

「は? あの、ちょっと?」

 なぜだろう。今の今まで晴れ渡っていた空に暗雲が立ちこめはじめた。それも俺の頭上のあたりにのみ。嫌な予感がする。

「あ、あ、ちょっと待って、あ、すいません、すいませんでした」

「もう遅いんだから! やっちゃえお姉ちゃん!」

 閃光と轟音。すさまじい衝撃が全身を貫いた。視界が一面まばゆく輝き、次いで漆黒に染まる。俺の意識はそこでぷっつりと途切れた。

 

 あだ名に『避雷針』が追加されたのはそれからだ。以来、日課のように神のいかずちをくらいつつ、魔王討伐の旅を続けている。

 二人の名前はいまだに知らない。まったくもってやれやれだ。

 

    俺の名前だって?    ……さあ、なんだったかな。