読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える人

という名前の雑誌があるんですけど、久しぶりに買ったら妙に薄くなっていて驚きました。これは……大丈夫なのか。好きでたまに購入するんですけどね。いえ、実家に帰る時くらいですが。向こうにはなにも無いので。良い雑誌だと思うので、廃刊休刊は回避していただきたいところです。

 

薄くなったといえば『小説幻冬』もだな。あれは創刊号が特別だっただけか。買ってみて感じたんですけど、わたしには読み切りの短篇、掌篇を集めたものがあっているようです。やはり長篇連載は単行本や文庫でまとめて読みたい。忘れちゃうんですね、ひと月開けると。長い物語を細切れに読むせいで印象に残り辛いのでしょう。

 

あと、わたしは雑誌の定期購読というものをしたことがありません。来たものを確実に読むという習慣が無いからです。新聞も理由が無いとすぐに読まなくなる。情報収集という目的が無いと駄目ですね、どうも。ああ、気の滅入るニュースの見出しが視界に入ると、それだけで胸糞悪くなるのも原因の一つです。そんなわけで読むのは小説や学術書、実用書の類いがほとんどです。いまはわけあって脚本術を学んでいます。