読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィクションの中のフィクション

実写版攻殻機動隊、海外ではあまり人がはいっていないと聞いた。日本でもそうなのだろうか。少佐の人種云々が理由のひとつとして挙げられていたようだけれど、それはわたしにはどうでもよい。個人的には、あの映画の(トレーラーしか観てないからトレーラーの)問題って、本当に単純に、純粋に画面がかっこうよくないことに尽きるんじゃないかと思っている。だってクソださじゃないですか、アクションシーン。それだけでもう観たいと思わんよ。

 

先日から短篇を書きはじめた。不足しているのは焚書、図書館、艦隊戦についての情報で、いま集めているところ。トム・クランシーの『Red Storm Rising(レッド・ストーム作戦発動)』もその一環で手に入れた。ソ連NATO。さすが、おもしろいですよ。ソヴィエト連邦(ロシア)の者たちはやはり蒸し風呂に入るのだね。樺だかなんだかの枝で体をたたく描写があった。佐藤優の本にもそんなことが書いてあったぞ。平行してA・J・クィネルの『Man on Fire(燃える男)』も読んでいる。映画『マイ・ボディガード』(こちらの原題も小説と同じくMan on Fire)の原作。ろくでもない話だけど楽しんでる。あとはウィリアム・ゴールドマンの『The Princess Bride(プリンセス・ブライド)』を読み終えた。入れ子構造の異世界ファンタジー。著者がかつて父親に読み聞かせてもらった本をふたたび入手してあらためて読んだら冗長な部分が多すぎて酷い有様だったので勝手に編集しておもしろい箇所だけ載せるぜ!ってな体で物語が進行するんだけど、それ自体つくり話だったりする。ヒロインの名前がキンポウゲ(Buttercup)で最後まで馴染まなかったが、嫌いじゃない。ちなみにこれも映画化済み。しかし、かなりチープ。絶世の美女だの超絶イケメンだのは自分で想像するにかぎる。

 

久しぶりに聴いたので。


The Mowgli's - San Francisco


The Mowgli's - I'm Good