雑記帳

わたしのさくぶんおきば

とりとめ

この星に、はじめに降った雨の一滴は、いまをどのように在るのだろうか。

 

以前ぞっとするほど非論理的に話す人間とかかわったことがあったが、彼は漫画の読み方を理解していなかった。右から左に読むところを上から下に読んで、よくわからないと言っていたことを思い出す。そりゃこっちのセリフだ。

 

コーヒーの空き瓶は小銭入れに使っている。そしてこれが驚くほどはやくいっぱいになる。なぜか。レジの半自動化が進んだからである。処理がはやくて心的負荷がかなり軽減された。昔から、財布をひっかきまわし、硬貨をひきずりだしてみみちく支払うあの、ああ、俺はいまこの人たちを待たせているんだな、俺のためにすまない、という時間と、安易に紙幣を差し出したせいでレジ打ちの方が一枚ないし数枚ずつ指先で薄い円盤を掬い上げる動作に恐縮していたわたしには、現代はとてもよい時代なのだ。あれ、いまではコンビニと一部のお店でしか見なくなったな。

 

わたしの机の上には、日本国語大辞典の第二版第1巻と丸善エンサイクロペディアと日本大歳時記の座右版が並んでいて、たびたび引き出しては読んでいる。日本国語大辞典は全13巻+別巻構成なので残り13冊を集めなければならないが、新しく買うとなると結構な金額になる。なので安価な古本で手に入れてゆくつもりでいる。辞書(に限った話ではないが)は、使う人は紙が黒ずむまで使うが、そうでない人も多く、一度か二度開いたきりで売りに出されることもままある。状態の良いものが出回っていることが多いのだ。

 

岸本佐知子女史の『ねにもつタイプ』を読んでへらへら笑っていたら昼になった。うどんを買ってきている。茹でる。食べる。

 

ドンピシャ氏のSumoman、終わってしまったなあ。最終回でなんとなく感心したのは、主人公がラスボスを直接ぶっ飛ばさなかったところだったりする。ぶっ飛ばそうとはしたけどね。おもしろいゲームだった。あ、コメント欄に制作者からのメッセージがあって、それにも感心した。さすが。