雑記帳

わたしのさくぶんおきば

キングダム・アイドル

 異世界を舞台にアイドルものをやるとなったら、そりゃあもちろん各国を代表する騎士であったり魔術師であったり神官であったり王族であったり冒険者であったり傭兵であったりが徒党を組んで競い合うことになりますとも、ええ。

 

    主人公は村娘がよいかしらん。純朴な少女が憧れの存在を追いかけ仲間たちと疾走する青春物語ですね。

 

    ヒロインは偶然出会った行き倒れのアイドルに夢を託され、幼馴染の海女驕りたかぶった地主の娘、引きこもりの妹、どこからかわいてきたマスコットを自称する新種の生命体を引き連れ世界規模で開催されるなんとかいう大会に参加することとなるのですが、その企画者がまさかの神。

 

    優勝グループはどんな願いも一つだけかなえてもらえると聞き、主人公たちはエキサイトします。しかしそこはファンタジー、敗者にはもれなく滅びが贈呈されます。それも本人たちにのみ与えられるのではありません。母国が爆散します。

 

   この手の物語の結末として望ましいのはやはり勝ち取った願いを消えてしまった人たちの復活に使ってしまうというもので、わたしとしてもそちらを選びたいわけですよ。みんな生き返って大団円。取ってつけた感があればあるほど良いですね。ああ、そういえば舞-HiMEってアニメが昔……いいか、それは。